2010年06月11日

樽床氏を国対委員長に起用 菅新首相が発表(産経新聞)

 菅直人新首相(民主党代表)は5日夜、首相官邸で記者団に対し、幹事長に枝野幸男行政刷新担当相、副総理・官房長官に仙谷由人国家戦略担当相、国対委員長に樽床伸二衆院環境委員長を起用する人事を発表した。

 菅氏は枝野氏の幹事長起用について、「選挙の顔として戦うという意味で、ふさわしいと考えた」と述べた上で、「小沢一郎前幹事長外しではないか」との記者団の質問には、「全く考えていない」と否定した。

【関連記事】
菅新首相誕生 ポスター張り替えどうしよう…
蓮舫氏の入閣に期待 中国紙「日中交流を促進」
握手は仲直りのしるし? 橋下知事と民主・樽床氏
幻の樽床首相、橋下「大阪都」構想を否定
「読み」誤った小沢氏 9月末まで高見の見物か
「はやぶさ」帰還へ

検察審査会に説明求めた民主・辻議員に質問状(産経新聞)
火災 早朝の商店街で4棟焼く 久留米、4時間後鎮火(毎日新聞)
釜山少女暴行殺害:昨年の児童強姦未遂もキム容疑者の犯行か
「農水相ゴルフ」報道 政治部長ら4人処分 TBS(産経新聞)
「小沢氏が民主党を大人に変えてくれた」鳩山前首相が感謝(産経新聞)
posted by ヌマタ ヒサノリ at 17:22| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

横浜の弁護士が事務所内で刺され重傷 30歳くらいの男が逃走か(産経新聞)

 2日午後2時40分ごろ、横浜市中区太田町のビル9階にある横浜みらい法律事務所の女性事務員から「事務所内でけんかしている」と110番通報があった。

 神奈川県警加賀町署員が駆けつけたところ、事務所内で、事務所所属の男性弁護士が腹などを刺され重傷という。現場からは凶器とみられる刃物が見つかった。事務所から逃げる30歳ぐらいの男が目撃されており、同署が行方を追っている。 

 同署によると、男は身長約170センチで白と黒のTシャツを重ね着しベージュのズボン姿。黒色のリュックサックを背負っていたという。

【関連記事】
口論の末に知人女性刺す 容疑の女逮捕 岐阜
駐車場で男性2人を刺す 殺人未遂で社長逮捕
路上で交際女性を刺した疑いで44歳男逮捕・茨城
首に針金、腹に刺し傷 京都で男性現金奪われる
大阪市のパチンコ店で男性刺され死亡 男の身柄を確保
「はやぶさ」帰還へ

郵政法案の採決 社民連携に自信(産経新聞)
年109万円もらう橋下知事「子ども手当、7人の食費に」(産経新聞)
乗用車転落、20代3人死亡=ガードパイプ突き破る―千葉(時事通信)
子ども手当て 支給始まる…富山・朝日町は現金で(毎日新聞)
1人が支払い NHK受信料、強制執行申し立てで(産経新聞)
posted by ヌマタ ヒサノリ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

<暴力団観戦>維持員席販売常態化 案内所「1席40万円」(毎日新聞)

 大相撲名古屋場所の「維持員席」で暴力団幹部が観戦していた問題で、日本相撲協会は27日、入場整理券の手配にかかわった2親方に「部屋一門預かり」などの厳しい処分を下した。問題の背景には、伝統文化を守るための「維持費」を協会に納めた後援者の席である維持員席が売買の対象とされていたことがある。名古屋場所で、親方らのルートとは別ルートで暴力団員に渡った入場券を売買していた相撲案内所の経営者は、毎日新聞の取材に「維持員席を買い上げることは以前からあった」と常態化した売買の実態を証言した。【村社拓信】

 維持員席は「砂かぶり」と呼ばれる溜席(たまりせき)の中でも最前列の席。名古屋など地方場所の場合で、協会に6年で維持費130万円を寄付するなどし、理事会で承認された「維持員」に割り当てられ、本来、売買対象ではない。

 維持費は年分割で納めるが、6年ごとの更新前に維持員を辞める人・団体がある。名古屋場所で座席管理などを請け負う名古屋市の相撲案内所は、こうした人・団体に割り当てられた維持員席の入場券を買い上げ、1席約40万円(15日間通し)で販売していたという。

 同案内所の経営者の男性は09年11月、愛知県警から任意で事情聴取され、自分が券をさばいた維持員席に暴力団員が座っていたことを知った。男性は「古くから付き合いのあるお客さんに頼まれた。暴力団に渡っていたのは分からなかった」と話す。男性の案内所から、2階級降格と部屋一門預かりの処分を受けた木瀬親方(元前頭肥後ノ海)や、けん責処分を受けた清見潟親方(元前頭大竜川)ら協会関係者に渡したことはないという。

 男性によると、協会、案内所ともに入場の際に維持員証を確認しておらず、入場券だけを見て席に案内しているため維持員以外が座っていても分からないという。男性は「管理している溜席を含め1日約100人の客が幕内取組の時間に集中する。一人ずつ確認することは難しい」と明かす。

 名古屋場所の溜席は約550で、このうち維持員席は最前列から4〜5列目の300。名古屋では現在五つの案内所が「名古屋相撲案内所組合」を結成して運営。東京、大阪、福岡にも案内所がある。

【関連ニュース】
暴力団観戦:協会、親方2人を処分…理事の評価は真っ二つ
暴力団観戦:昨年秋場所から両国は禁止看板…警視庁が対策
相撲協会:木瀬親方を2階級降格 清見潟親方はけん責処分
相撲協会:木瀬親方の降格検討 清見潟親方も処分へ
大相撲:暴力団へ席提供、2親方が関与 昨年の名古屋場所

地検検事取り調べ、一部を違法認定…大阪高裁(読売新聞)
赤字解消につながる対策とは―県立病院長が講演(医療介護CBニュース)
タミフル副作用で提訴へ=14歳転落死の遺族(時事通信)
首に針金、腹に刺し傷 京都で男性現金奪われる(産経新聞)
<日米会談>両国防衛相、緊密な連携で一致(毎日新聞)
posted by ヌマタ ヒサノリ at 21:19| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。