2010年04月14日

民主、首長選で苦戦…衆院選後29勝37敗(読売新聞)

 地方自治体の首長選で、民主党推薦候補の苦戦が続いている。

 政権交代前の約半年では自民党推薦候補との直接対決に勝ち越していたが、ここ半年は負け越している。政権交代への期待感がしぼみ、内閣支持率の低迷などが地方選の結果に出た格好で、民主党にとって、夏の参院選に暗雲が立ちこめている状況だ。

 「民主党の支持率がもっと高ければ、違った結果になったかもしれない」

 自民、公明両党推薦の現職が、民主、社民両党が推薦する新人に2万票差で勝利した11日投開票の鳥取市長選。民主党鳥取県連代表の川上義博参院議員は12日、支持率の低迷が同市長選に影響したことを率直に認めた。

 民主党は赤松農相や小沢幹事長側近の高嶋良充筆頭副幹事長が現地に駆けつけてテコ入れを図った。一方の自民党は小泉進次郎衆院議員らを送り込んだ。与野党対決ムードが盛り上がっていただけに、地方選とはいえ民主党には手痛い敗北だ。

 昨年9月以降に行われた179の首長選(知事選、政令市長選、特別区長選、一般市長選)のうち、民主党が推薦を出した66選挙の戦績は、29勝37敗。無投票や自民党との相乗り推薦だった選挙を除くと16勝35敗で、鳥取市長選のように自民党の推薦候補との対決構図となった選挙に限ると3勝9敗とさらに分が悪い。

 民主党は、衆院選前の昨年1〜8月には185選挙中42に推薦を出して31勝11敗、自民党との対決構図でも6勝3敗と勝ち越していた。

 こうした地方選の結果について、民主党の石井一・選挙対策委員長は「(党が)当初の勢いを失っているのは事実。(地方選に)影響していることは否定できない」と認める。

 ただ、民主党が負け越している一因には与党に転じて以降、新人を中心に推薦候補を大幅に増やしたという事情もある。衆院選前は新人と現職がほぼ半数ずつで、自民党との相乗りも20選挙と5割近くを占めた。衆院選後は7割以上の48人が新人で、相乗りも約2割の14選挙に減った。

 一方の自民党は、衆院選前には57選挙に推薦を出していたが、野党に転落後は、推薦を出した首長選は34選挙と民主党66選挙の約半分。野党転落後、地方に「自民党の名前では戦えない」という空気が広がっていることがうかがえる。戦績は26勝8敗と勝ち越しているが、推薦候補は34人中26人が現職であるほか、勝利した選挙は、昨年の衆院選の小選挙区でも自民党候補が競り勝つなど、もともと地盤が強い自治体が多い。

 自民党幹部は地方選の結果を「地方で盛り返し始めている証拠だ」と歓迎するが、党勢が回復しているとまで言えるかどうかは微妙な状況だ。

与党3党、会期延長も選択肢 (産経新聞)
橋下知事「スケベ心は持たぬ」 大阪維新の会、国政と一線(産経新聞)
<川崎マンション火災>3歳の双子死亡、祖母は重体(毎日新聞)
<殺人容疑>21歳長男を刺した父親逮捕 茨城(毎日新聞)
観光地「朗報」利用者「戸惑い」 高速上限料金制(産経新聞)
posted by ヌマタ ヒサノリ at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

少女わいせつ容疑の2等陸曹、宿舎に銃剣(読売新聞)

 少女にわいせつな行為をしたとして、埼玉県警に県青少年健全育成条例違反容疑で逮捕された陸上自衛隊練馬駐屯地(東京都練馬区)所属の2等陸曹、佐藤浩一容疑者(37)の同駐屯地内の宿舎を県警が捜索したところ、陸自の内規で武器庫への保管が定められている銃剣が見つかったことがわかった

 。陸自は、銃剣が宿舎に持ち込まれた経緯などを調査している。

 陸上幕僚監部によると、県警が9日、佐藤容疑者の宿舎を捜索したところ、89式小銃の先に取り付ける銃剣(長さ27センチ)を発見し、陸自に連絡。銃剣は陸自に引き渡されたという。

 佐藤容疑者は3月27日午後、さいたま市内に住む女子高生(17)宅で、女子高生が18歳未満と知りながらわいせつな行為をしたとして、同月29日、浦和西署に逮捕されていた。

入院患者の血中からインスリン 逮捕された看護師の鑑定留置認める 京都(産経新聞)
「御柱」倒れ、4人下敷き=頭を強打、1人死亡−長野(時事通信)
船体に赤い塗料…シー・シェパードの妨害受けた調査捕鯨船団母船が帰国(産経新聞)
<動物死骸>新たに犬猫の頭骨発見 計180匹に 埼玉(毎日新聞)
フィギュア 村上佳菜子選手が高校入学式(毎日新聞)
posted by ヌマタ ヒサノリ at 01:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

地元の了解「政府に任せて」=岡田外相、米国防長官に約束(時事通信)

 岡田克也外相は2日午後の記者会見で、先月29日のゲーツ米国防長官との会談の際、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先となる地元の了解取り付けが可能か、同長官から懸念を示されたことを明らかにした。その上で、外相は「日本政府が責任を持ってやる話なので、任せてもらいたい」と同長官に約束したことを明かした。
 外相は、鳩山由紀夫首相が「腹案」と発言したものと同一の案を国防長官に提示したと説明。この案はキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)を移設先とする現行計画と比べて「より実現性が高い」と指摘し、「真剣に検討してほしい」と米側に要請したという。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

車の電動窓で女児指切断=母親気付かず操作−東京(時事通信)
抗凝固薬アリクストラに急性肺血栓塞栓症などの効能追加申請―GSK(医療介護CBニュース)
「パーマゆるい」と因縁、料金の倍額脅し取る(読売新聞)
ベランダに乳児遺体、兄が発見 母「別の男性との子」埋める(産経新聞)
改憲・消費税上げが柱 新党、保守層掘り起こし(産経新聞)
posted by ヌマタ ヒサノリ at 17:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。